MEADユニット

特徴

コロッサスは 簡単にいうと 前後サスペンション付きの 小径車です。しかし コロッサスに装着されるサスペンションはたとえば マウンテンバイクのように モーターサイクルの模倣的な サスペンションではありません。

サスペンションというと どうしてもモーターサイクルのイメージになってしまいます。

今までわたくし達も、事あるごとに いろいろ効果について説明してきましたが、世間一般のサスペンションと言う概念が邪魔をしてうまく説明できませんでした。

 ですのでKIMORIでは、あえてサスペンションと使わずに新たな概念を打ち立てました。
それが 次に説明するMEADFKIGです。

MEAD(ミード)について
*Multilayer Elastomer give on Additional-boost to Driving-force

 世間で言うリアサスペンションは路面の凹凸吸収を主な目的としています。
ペダリングする際に加重が移動を繰り返す事で車体が上下運動してロスにつながっていました。
 KIMORI が COLOSSUSに装着したリアユニットはKIMORI流に表現するとMEAD(推進力向上多層弾性体)ユニットです。

  MEAD(ミード)ユニット(小さな力を推進力に変えるユニット)

 競輪選手は加速時にその強靭な脚力でフレームをしならせ抜重時の戻りをも推 進力に利用する。これをキックバックという。
その特性を一般的な人の脚力でも再現すべくMEAD*)ユニットを開発。
ウレタン弾性体をアルミ製のセパレータで挟んだ多層構造とし、充分な反力を得 られるだけの容量を確保。
メインシャフトは円筒構造のサスペンションとスライダーを通り、そのスライダーとリヤフレームをリンク構造で接続することにより、歪みの無いスムーズな作業を実現

このMEADユニットをフレーム中心に配置することで、コロッサスは強固なフレー ム強度を保ちながら、少ない脚力でもキックバックを再現する ことに成功した。

また、ウレタン弾性体のサイズ変更により、体重、脚力、用途に合った特性に調 整が可能となる

IMG_1692

MEADユニット

IMG_1548

MEADユニット