FLIGユニット

特徴

コロッサスは 簡単にいうと 前後サスペンション付きの 小径車です。しかし コロッサスに装着されるサスペンションはたとえば マウンテンバイクのように モーターサイクルの模倣的な サスペンションではありません。

サスペンションというと どうしてもモーターサイクルのイメージになってしまいます。

今までわたくし達も、事あるごとに いろいろ効果について説明してきましたが、世間一般のサスペンションと言う概念が邪魔をしてうまく説明できませんでした。

 ですのでKIMORIでは、あえてサスペンションと使わずに新たな概念を打ち立てました。
それが 次に説明するMEADFKIGです。

FLIG(フリッグ)について
* Full-Link Geometry-Management

世間で言うフロントサスペンションは路面の凹凸吸収を主な
目的としているテレスコピック型いわゆる
モーターサイクルの物を模倣したものがほとんどです。

KIMORI が COLOSSUSに装着したフロントユニットはKIMORI流に表現したらFLiG(フル・リンク ジオメトリ管理)ユニットです。

  FLiG(フリッグ)ユニット(姿勢を制御し最適な状態にするユニット)

 高精度なエアサスを中心に構成されたフロント周りはメインフレームとリンクで 接続される。

 路面からの衝撃を吸収するサスペンション効果は勿論であるが、主な目的は姿勢 制御である。

 リンクは上下で不等長となっており、走行中に刻々と変化するバイクの姿勢を最適な状態にコントロールする。

 巡行時にはアンジュレーションをしなやかに吸収。

ブレーキング時には前輪を押し付けるように沈み、前輪のロックを回避しつつ制 動力を確保する。

 ハードブレーキングから続くコーナリングでは前輪のグリップを確保しながら回頭性を向上させる。

 また、加速やダンシング時には前輪で路面を掻くような動きとなり、
リヤに配置 されたMEADユニットの効果と相乗して背中を押されるような推進力を感じるこ とが出来る。

IMG_1693

FLIGユニット

IMG_0475

FLIGユニット

 エアの圧力調整により、走行場所を選ばない、最適なセッティングを可能とする のがFLIGユニットである。